スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はレベルアップについて作ってます

いかん、いつの間にか昼になってた。
とりあえずステータスの表示が出来るようになりました。

予想以上にギッチギチになってしまいまして、
メニューコマンドを縦にするか横にするかで悩みましたが、
仕方ない、スペースの関係上横にしました。
PSのリルガ○ンサーガも確かこんな感じだったような気がします……。

↓やっぱりウルファールさんが不安げに見ています。
record_201004_ss1.png

今日といってもコレからですが、レベルアップ時の処理を作ろうと思います。
ウィ○ードリィのレベルアップといったら宿屋に止まった時に経験点が一定以上だと、
チャラリラリ~っとウィンドウが表示され能力値が上がったり下がったりします
年齢によって若ければ上がりやすく、老人だと下がりやすいんだな。
あと最大HPも上がるんだ、クラス(職業)によっては上がりやすかったり、上がらなかったり、
呪文の使用回数の上昇や新しい呪文を覚えたりしますね。

   普通のRPGとはちょっと違う感じです。

少しでも本家に近付きたいのですがバランス調整が難しそうです。
全く同じに作るコトは出来ないでしょうが、すこしでも「っぽい」ゲームにしたいです。
スポンサーサイト

でーたべーす定義

作業の冒頭に行ったDBの定義ですが、
なにか作る度にDBに追加項目が増えて困っております。
(アレも足りない。コレも足りないってな具合です。)

ウィ○ードリィっぽいゲームを作るんだから真似すればいいだけだと楽観していたのですが、
これがなかなか、今のゲーム機やパソコンのスペックを考えれば
当時の本家ウィ○ードリィは、かなり非力なマシンスペック上で動いていたんですよね。

そう考えると御本家はかなり美しくスマートなデータ管理をしていたんだろうなぁ。
っと思うワケで……。
今更だけど、出来るのかなぁ? ちょっと不安になってきました。

防具データも打ち込み終わった~。

世間様ではGWがどーのこーのという話題で盛り上がっている今日この頃ですが、
せっかくの日曜日に防具データをせっせと打ち込んでました。
というワケでお店の自作システムをそろそろ弄ろうかと思ってます。

↓ウルファールさんが不安げに見ています。
record_201004_ss0.png
メニューの一部を作ったのでチョロっとSS見せてみたり……。

こんなのマジで作っていいんだろうか?
どっかの偉い人に怒られたりしないよね? きっと大丈夫だよね?

だって、ウィ○ードリィっぽいだけで中身は自分でせっせと作ってるんだから、いいよね?

武器データは作り終えたけど

テキストエディタ上で大量に作った武器データ。
いざゲームの中で使おうと思ったら意外な間違いを発見したりしません?

現在作っている「Abyss and Dark」の世界では、
僧侶キャラは刃物の武器を使用してはいけないルールなんです。

   刃物 = 殺生

聖職についている者が他者を傷付けるなんてとんでもない。
だから剣や刀のように切る系の武器を持ったらダメ、っていう理由だった記憶が……。
じゃ、僧侶キャラは何の武器を持てるのか?

   鈍器です。

メイスやフレイルといった殴りつける武器。
相手が装甲バッチリのスーツアーマーなんかだと存分に威力を発揮しそうです。
そんな姿を想像してみると刃物を持っている戦士より怖い。

いや、ただそう思っただけなんですけど、
うーん、結構、間違っているなぁ、武器データ。

武器データ作ってます。

武器データ作ってます。

現在作っているゲームのお話、
まだまだお見せできる形になるまで時間が掛かりそうなので、
今日は名前だけ公開してみる。

「Abyss and Dark」直訳すれば「深淵と暗闇」なんじゃそりゃ?

聞いた感じで想像してもらえればなんとなく解るかもしれませんが、
いわゆる、ひとつのダンジョンに潜る系のゲームです。
それなりに頑張ってシステムは自作してます。が、
それより、いま、ちょっと武器の一覧表が欲しいんです。

武器屋さんのシステムを作る際、それなりの量の売物が欲しくて、
ちょこちょこ作っていたんですが、この際なんで全部作ってやろうと……。

   名称、不確定名称、価格、攻撃回数、打撃(低~高)
   命中修正、射程、鑑定難易度、スペシャルパワー、破損率。

勘のいい方、古いゲームが好きな方なら「あぁ~、そっち系かぁ~。」
と気付く人もいるかもしれませんが、そうなの、そっち系なのです。

アネルギアのコンセプト

現在、作っているゲームについてはもうちょっと形になってからお知らせしたいと思います。

いまを遡ること1年半前、ネット世界を彷徨ううちにウディタ公式サイトへと流れ着いたわたし、
公式サイト内を閲覧して数分、ウディタの無料で且つ超高性能ぶりに驚いたわたしは、
早速ウディタ作品登録から「Dungeon Seeker」をダウンロードし遊んでみるのでした。
これがまた面白いからハマっちゃって……。

   わたしもこのエディタでゲーム作ってみたい。

そう思うのに時間はそんなに掛かりませんでした。
そして作る以上は作品登録したいとも思いました。

では、どんなゲームを作ろうか?
ゲームを作る以上はなにかの特徴が欲しい、

当時、既に作品登録にはRPGのツールなのに様々なジャンルのゲームがありまして(^-^;
皆さんの創造力には驚いていたのですが……ふと思いました。
プレイ時間が長いゲームはどうだろうかと、

様々なゲームが登録されているからこその原点回帰、
「王道ファンタジーRPG」「みんな大好き勧善懲悪」「プレイ時間が長い」ゲームはどうだろうかと、

目標のプレイ想定時間は10時間以上、
製作者だからこそ全てを知っているわたしのテストプレイで10時間を越えたい。
ただ10時間も飽きないでプレイしてくれる人がいるかどうかは知りません。

なるべく飽きがこないようにするには?
ヤリコミ系のゲームにするのはどうだろうか?
色々悩みながら導き出したのは以下の通り、

   ・配置されている宝箱を全て拾ってもらう!

   ・ドラクエで言えば「ちいさなメダル」的なモノが欲しい!

   ・キャラクターの育て方次第で戦術が変化する!

   ・キャラクター以外にも成長要素がある!

実際、アネルギアがそういうゲームなのかと聞かれると自信無いけど、
作品登録に返ってきた感想を見る限り思惑通りと言えると思います、はい、
しかし、

 「シナリオ面が割と定番モノでしたので、
  もう少し捻りのあるシナリオにできればもっと魅力的な作品になったのではないか」

というご意見もいただきました。
おっしゃるとおり定番モノというよりは『そのまんまな展開』ですからねぇ。
これはアネルギア2にも言えるコトなんですけど、
自分でも思いますもん「おつかいゲーム」だなぁって、

逆に、どうすれば「おつかい」っぽく感じないのか、
まだまだ頭を悩ます時間が続きそうです。

ごあいさつ

歴史シミュレーションゲームのリプレイサイトとフリーゲームを取り扱ってきた「A4サイズの野望」ですが、
フリーゲームに関するデータが結構増えてきたので別フォルダに移したのがこのサイトの始まりです。
出来れば他のゲームを作っている方々とも仲良くしたいと思っています。

趣味として「ゲームを作る」のは大変です。ひとりで色々やるコトが盛りだくさん。
ずぅーっと孤独な作業が続きます。それはゲーム作成ツールを使っていたとしても同じ、
絵を書ける方や音楽を作れる方が身近にいればサークルなんかで作るコトも出来るでしょうが、
残念ながらわたしの身の回りには……。
そこで同じような趣味の方々とお友達になって孤独な作業を少しでも楽しくしたいってのが、
いま現在の正直な気持ちだったりします。

   そんなワケで皆様、ヨロシクお願いします。

明日からゲーム製作なんかのお話を書いて行きたいな~と思っております。


record_201302_ss018.png
【Abyss and Dark】は
ウディタを応援しています!

A4サイズの野望/分室
とちのフリーゲームは
コチラからDownLoadできます!

プロフィール

とち

Author:とち
ゲームつくってます。

ホームページはコチラです(↓)
A4サイズの野望/分室

ツイッターもやってるよっ♪

最新記事
アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
管理関連Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。